ファイナンシャルプランナー資格試験とその仕事

ファイナンシャルプランナーは              家計の主治医

税金やローン・保険・不動産など暮らしの中の金融システムは複雑さを極め、「どれが最善」かを理解して選択をすることは困難です。そこで今、家計に関する幅広い知識を備えた「家計の主治医」つまり「ファイナンシャルプランナー」の資格価値が急上昇しています。

顧客との関係確立とその明確化

まず最初に、顧客にはファイナンシャルプランナーの考え方を、きちんと説明しておくことが、非常に大切です。そのうえで・・・


顧客データの収集と目標の明確化

ライフデザインの部分は、ファイナンシャルプランナーが面接などで直接聞かなければわかりませんが、実際の家族状況や資産・負債情報は、フォーマットに・・・


顧客のファイナンス状態の分析と評価

ファイナンシャルプランナーとして、お金の出入りである「キャッシュフロー」観点からの分析、 資産と負債の「バランスシート」観点から・・・


ライフプランの提案書を作成

ファイナンシャルプランナーの提案書には、ライフイベント表と長期間の毎年のキャッシュフロー表を、必ず入れて、分析結果を説明します。そのうえで・・・


プランの実行援助

ファイナンシャルプランナー自身が、保険や不動産など、対応可能な商品を販売できる資格があり、 その立場にいるのなら・・・


ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーとは人生設計の中での、金銭的なことに関して、アドバイスや具体的な立案、それを実行するための手助けをして・・・


独立系ファイナンシャルプランナー

独立系ファイナンシャルプランナーの利点は、企業の利益にとらわれず、顧客中心のプランを立てることができる・・・


企業内ファイナンシャルプランナー

企業内ファイナンシャルプランナーはただ単に商品だけを勧めるのではなく、もちろん顧客の現状を考え、話を聞き、商品の組み合わせもしながら、提案して・・・


ファイナンシャルプランナーの認知度

調査で見ると、ファイナンシャルプランという考え方を知っている人は、7割以上もいるけれど、実際に実行している・・・


ファイナンシャルプランナーのニーズ

特に、金融制度の改革と、高齢化社会の到来により、長い人生の中で、個人個人の生活設計が重要なテーマになって・・・


当サイトご利用の注意

当サイトの情報は随時更新しておりますが、詳細については必ずご所属の組織や、各機関等にお問い合わせ下さい。当サイトの内容について、実際に起こった紛争等に関する一切の責任は負いません。
ファイナンシャルプランナー資格試験とその仕事